今年、大手生命保険で初めて相互会社から株式会社に転換した第一生命保険の株主総会が28日、千葉市美浜区の幕張メッセ国際展示場で開かれ、株価が売り出し価格(14万円)を下回る水準で推移しているなかでの開催となっただけに、株主からは「株価が上がらないのなら、(社長は)辞めるのかどうか」「営業職員への報奨金を配当に充てられないのか」などと不満が噴出。初の株主総会で、経営陣は株主から強烈な洗礼を浴びたようだ。

個人的に第一世目の株を所有しているが配当は期待していない・・・・
自分的には、第一生命がんばれ!と応援団のつもりでいますからね。
決して、配当を出せと言った株主を否定しているわけではない。

健全な会社運営を願うだけだ。

「株価が上がらなければ社長は辞めるのか」 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA