三井住友海上火災保険は30日、自動車保険料を10月から平均1・9%値上げすると発表し、30歳から10歳ごとの保険料を定め、事故の多い70歳以上の高齢者は6・5%の値上げとなる場合もある。
 契約者の負担に配慮し、補償を減らして保険料を下げたプランを用意した。
自動車保険料の値上げは、大手では損害保険ジャパンが4月に初めて実施。東京海上日動火災保険も来年1月に予定している。

この値上げが、今回の東日本大震災による値上げであってはならないし自動車単独の損害をもとに算定されたものであってほしい。
また、東日本大震災の保険金支払いによって経営悪化して状態でも株主への配当を出すべきではないと考えます。

会社は誰の為のものか株主でも経営者の為でもない。お客様の為のものである事とある方から指導されました。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA