ジョブカードは継続=仕分けの「廃止」判定覆す。

 政府は26日午前の閣議で、行政刷新会議の事業仕分け第3弾で「廃止」と判定されたジョブカード制度について、事実上継続させる内容の答弁書を決定した。公明党の山本博司参院議員の質問主意書に答え、ジョブカードは非正規労働者の正社員への転換促進策の一つであり、取得者が職業訓練の評価や職歴などを記載して就業に生かす制度。答弁書では「『新成長戦略』に基づき、より効率的・効果的な枠組みに発展させていく方向で検討していきたい」としている。 

そうそう、『新成長戦略』に基づき、より効率的・効果的な枠組みに発展させていく方向で検討していただきたいですね。

仕分けの女神は微笑んだのか

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA