明治安田生命保険が9日まとめた夏休みの過ごし方に関するアンケート調査がおこなわれ外出・外泊を予定している人は「マイカー」で「帰省」し、費用を節約する傾向であることがわかった。帰省の方法として、新幹線や飛行機による帰省が減少する一方、「休日上限1000円」の高速道路料金の割引の人気もあって、ファミリー層にとっては割安な自動車利用が増えた。

高速料金の割引によりとても安く遠出できることは経済効果が期待できるのですが・・・・
環境問題を考えると公共交通料金の割引の方がエコのように感じます。

自分は、割引の恩恵をとても受けている側なのですがジレンマを感じます。

外出はマイカーで帰省が主流

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA