今日の気になる記事の「人材流動性」から

東京大学教授・坂村健(さかむら けん)氏の文末から

ロールプレイングゲームの経験値のように各自が個人としての役割や価値を見えるようにできれば「キャリアアップ」とか「ステップアップ」の意識も日本に確立するだろう。先に述べたようにすべての雇用が流動化しようとしている今、このような個をサポートするキャリアインフラ確立こそ国が最も力を入れるべきなのだ。

ごもっとも!!  キャリアアップ・ステップアップが出来なければ必要の無い人材になるこういった人は「人罪」だよそうならない為の仕組みと心がけが必要ですね。

とにかく勉強しない向上心の無い人が多いような気がする。

明暗分ける「人材流動性」の低さを語る

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA