jiji.comの記事より

 生命保険各社は、顧客の意向に沿った適切な保険販売を促すため、複数の保険会社の商品を扱う乗り合い代理店に支払う手数料を見直す。日本生命保険は14日、4月から代理店の「経営品質」を手数料に反映させると発表した。どれだけ保険を売ったかだけでなく、顧客に丁寧な説明ができるかなど態勢面の評価を加える。




 

以上から・・・・

折角なら動画を活用して動画を説明しお客様の疑問について説明するほうがより正しく丁寧に伝わると思うのですね。

大手生保なら動画の製作費を多少かけて営業職をちょと少なくしてもいいのではないか?

生保も来店型に大きくシフトしてもいいんじゃないかな?

勿論、インターネットでの販売も併用してですよ。

保険料はグッと抑える事ができる。

人材不足が続く中で次代に向けて積極的に取り組めるのは大手奈良での即効力だと思います。

ガンバレ! どうする代理店?

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。