死亡保険金の受取人や支払い方法などをあらかじめ柔軟に設定でき「生命保険信託」が注目されている。
プルデンシャル生命保険と中央三井信託銀行が共同開発し昨年7月、国内で初めて売り出しており、先月14日に初契約が成立した。
家族の形が多様化し相続トラブルが増える中、保険金の新たな受け取り方として利用拡大が期待される。
ヤフーニュースより

プレデンシャルはチャンスですね。家族以外に支払いしたい人や支払ってもらいたい人が時々いる・・・ そんな人たちがターゲットになる。
とても柔軟な保険でいいのかもしれないが犯罪などに利用されなければいいですね。
生保信託 注目集める 受取人・支払い方法柔軟に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA