昨日、秋田県湯沢市へ視察に行ってきました。
小安狭は紅葉が始まっておりその紅葉のなかに大噴湯から吹き上がる白い湯気がとても感動でした。ここは菅江真澄が訪れており歴史もある地でした。
ちょっと山を越えると宮城県と秋田県と宮城県との隣り合わせになっている。紅葉を楽しみに是非訪れていただきたい秋田の観光地ですね。
トリトンハウスの小安狭視察
そして、川連漆器資料館を訪問、ここでは漆器へ挿絵が出来る体験コーナーがある。僕は、絵心が無く川連漆器に失礼にあたるとご遠慮させていただきました。いろんな作家の方の作品が展示されてしばし作品に見とれて時間を忘れてしまいました。

養心館
あっという間にお昼タイムになっていて湯沢市市内に移動し稲庭うどんで有名な佐藤養助の養心館へ 前菜・メイン・デザートとお腹いっぱいに・・・
養心館は奥ばった所にあり目立たない。隠れ家のような感じで中はお金をかけて造ったお部屋でした。予約しておかないと黒塗りの車の方もなかなかご利用できないようなのであらかじめ予約してくださいね。養心館の会食

湯沢の歴史 郡議会

昼食が終わってから築120年たっていると言うドイツの設計家のもと立てられた郡議会場を視察歴史ある建物でした。
個人的には、ドイツの設計士と言っても有名な方ではないだろう。数十年前にドイツに行ったときの感じと装飾がちょっと違うような気がした。
でも、館内には昔の写真が展示されておりもう一度訪れたい場所である。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA